5月30日(火)誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

置かれた場所で咲きなさい 文庫版

人はどんな境遇でも輝ける! 230万部突破。話題のベストセラー待望の文庫化。
型番 978-4-344-42610-8
販売価格 540円(税込)
購入数



  • 渡辺和子 著

  • A6判 並製

  • 230ページ

  • ISBN978-4-344-42610-8

  • Cコード:C0195

  • 幻冬舎



置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。時間の使い方は、そのままいのちの使い方です。自らが咲く努力を忘れてはなりません。雨の日、風の日、どうしても咲けないときは根を下へ下へと伸ばしましょう。次に咲く花がより大きく、美しいものとなるように。心迷うすべての人へ向けた、国民的ベストセラー待望の文庫化。

初版発行:2017年4月15日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


はじめに

第1章 自分自身に語りかける
   人はどんな場所でも幸せを見つけることができる
   一生懸命はよいことだが、休息も必要
   人は一人だけでは生きてゆけない
   つらい日々も、笑える日につながっている
   神は力に余る試練を与えない
   不平をいう前に自分から動く
   清く、優しく生きるには
   自分の良心の声に耳を傾ける
   ほほえみを絶やさないために

第2章 明日に向かって生きる
   人に恥じない生き方は心を輝かせる
   親の価値観が子どもの価値観を作る
   母の背中を手本に生きる
   一人格として生きるために
   「いい出会い」を育てていこう
   ほほえみが相手の心を癒す
   心に風を通してよどんだ空気を入れ替える
   心に届く愛の言葉
   順風満帆な人生などない
   生き急ぐよりも心にゆとりを
   内部に潜む可能性を信じる
   理想の自分に近づくために
   つらい夜でも朝は必ず来る
   愛する人のためにいのちの意味を見つける
   神は信じる者を拒まない

第3章 美しく老いる
   いぶし銀の輝きを得る
   歳を重ねてこそ学べること
   これまでの恵みに感謝する
   ふがいない自分と仲よく生きていく
   一筋の光を探しながら歩む
   老いをチャンスにする
   道は必ず開ける
   老いは神さまからの贈り物

第4章 愛するということ
   あなたは大切な人
   九年間に一生分の愛を注いでくれた父
   私を支える母の教え
   2%の余地
   愛は近きより
   祈りの言葉を花束にして
   愛情は言葉となってほとばしる
   「小さな死」を神に捧げる

   人名・用語解説
   文庫版あとがきにかえて
   解説 日野原重明
   追悼の記事

著者紹介


著者:
渡辺和子(わたなべ かずこ)
1927年生まれ。9歳の時、二・二六事件で父・渡辺錠太郎を目の前で暗殺される。
聖心女子大学卒業後、56年、ノートルダム修道女会に入り、ボストン・カレッジ大学院に学ぶ。
その後ノートルダム聖心女子大学学長を経て、同学園理事長。
2016年12月帰天。12年に出版した本書は230万部を超え、5年連続でベストセラーランキングに入る。
他の著書に『面倒だから、しよう』などがある。
Top