会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

天主堂建築のパイオニア・鉄川與助――長崎の異才なる大工棟梁の偉業

生涯を教会建築に捧げた男!!フランス人宣教師に建築技術を学び、建築学会の近代的な知識と最新技術も導入して、九州の風土に合った独自の工法を産み出し、多くの名天主堂を遺した日本教会建築の父。
型番 978-4-8170-8231-2
販売価格 3,024円(税込)
購入数



  • 喜田信代 著

  • A5判 並製

  • 375ページ

  • ISBN978-4-8170-8231-2

  • Cコード:C0052

  • 日貿出版社



九州の最西端、五島列島には50を超える教会が在る。その多くはキリシタンたちによって、禁制から解放された明治・大正期に建てられた。それでは、いったい誰が教会を建築したのだろうか。その代表的人物が大工棟梁の鉄川與助。外国人宣教師の指導の元、西洋の建築技術と和風の伝統的工法を融合させ、独自のスタイルで多くの教会を建築して「日本教会建築の父」とも称される。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を世界遺産に登録する動きの中で與助の建てた教会も構成資産に含まれ、再注目されている。本書は生涯を天主堂建築に捧げた與助の偉業を『手帳』や資料を参考に紹介する労作である。

初版発行:2017年2月25

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


第1章 鉄川與助の生涯と業績
第2章 建築技術者・棟梁 鉄川與助の仕事――天主堂・学校・寺院
第3章 新しい建築材料と長崎の天主堂
第4章 宣教師が伝えた教会建築
第5章 天主堂の請負と工事費の清算
第6章 棟梁の暮らし―與助の『手帳』覚え書き
資料編

著者紹介


著者:
喜田信代(きた のぶよ)
1948年長崎市生まれ。長崎県立長崎東高校卒業。
1967年三菱重工業株式会社長崎造船所造船設計部勤務。
1999年放送大学卒業、2004年放送大学大学院修了。
2010年東京工業大学大学院人間環境システム博士後期課程満期退学。
2016年札幌市立大学大学院デザイン研究科デザイン専攻修了。博士(デザイン学)。
Top