会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

テオーシス 東方・西方教会における人間神化思想の伝統

〈聖なる交換〉人が神となるために神が人となった。東方・西方教会の思想家たちが伝えてきたキリスト教の真髄が明らかに。
型番 978-4-907991-40-1
販売価格 4,860円(税込)
購入数



  • 田島照久 阿部善彦 編

  • A5判 上製

  • 556ページ

  • ISBN978-4-907991-40-1

  • Cコード:C3016

  • 教友社



テオーシス(人間神化思想)によってキリスト教霊性を読み解く。古代〜近代に及ぶ日本初の本格的研究。

初版発行:2018年2月15日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


総序 ………田島 照久

序章 東西キリスト教における神化思想………阿部 善彦


 ■東方キリスト教における神化思想

第一章 プラトン主義と神化思想の萌芽
      ――東方教父思想における「神に似ること」概念の変容………土橋 茂樹

第二章 ニュッサのグレゴリオスにおける神化思想
      ――人間本性の開花・成就と神化への道………谷 隆一郎

第三章 証聖者マクシモスにおける神化思想
      ――神化の道行きの動的かつ全一的かたち………谷 隆一郎

第四章 ディオニュシオスの神化思想
      ――ヒエラルキアと不知の暗黒………袴田 渉

第五章 ディオニュシオス『神秘神学』におけるヒュムネイン(讃えること)
      ――「彼方」の招きと拒絶………宮本 久雄

第六章 パラマスにおける神化思想
      ――東方的伝統と独創………大森 正樹


 ■女性神秘思想における神化思想

第七章 ハーデウィヒの神化思想………菊地 智

第八章 マルグリット・ポレートの神化思想
      ――源流と波紋、火と水の比喩を中心に………村上 寛


 ■ドイツ・ドミニコ会学派における神化思想

第九章 フライベルクのディートリヒの神化思想
      ――「神の像」としての人間知性の観点から………西村 雄太

第一〇章 モースブルクのベルトルトにおける神化思想
      ――神的人間論の観点から………山崎 達也


 ■エックハルトにおける神化思想

第一一章 エックハルトの「魂における神の子の誕生」教説と「神性への突破」教説………田島 照久

第一二章 エックハルトにおける人間神化と関係的存在論………松澤 裕樹

第一三章 エックハルトの神化思想と異端断罪………菊地 智


 ■エックハルト以降の神化思想

第一四章 タウラーの神化思想
      ――エックハルト断罪以後という観点から………田島 照久

第一五章 ゾイゼの神化思想
      ――西方キリスト教におけるキリスト中心的霊性………阿部 善彦

第一六章 リュースブルクの神化思想………菊地 智


 ■近世・近代の神化思想

第一七章 クザーヌスの神化思想
      ――神と被造物を隔てる二分法的限界と人間の完全性………阿部 善彦

第一八章 イグナチオ・デ・ロヨラの神化思想
      ――自己無化の下降的動性による一致と涙………松村 康平

第一九章 スペイン神秘主義における神化思想
      ――十字架のヨハネとアビラのテレサ………鶴岡 賀雄

特別寄稿 闇は澄潭にその影を照らす
      ――天地創造の場に居合わせたのは誰か………松山 康國


あとがき

編・著者・編集協力者一覧
Top