5月30日(火)誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

キリスト教は役に立つか

キリスト教の〈教養〉は、「孤独」に効く!
型番 978-4-10-603800-6
販売価格 1,404円(税込)
購入数



  • 来住英俊 著

  • 四六判変型 並製

  • 238ページ

  • ISBN978-4-10-603800-6

  • Cコード:C0316

  • 新潮社



信仰とは無縁だった灘高・東大卒の企業人は、いかにして30歳でカトリック司祭への転身を決意したのか。なぜ漠然と抱えてきた「孤独感」を解消できたのか。旧約聖書から新約聖書、遠藤周作からドストエフスキー、寅さんからエヴァンゲリオンまで、幅広くエピソードを引きながら、ノン・クリスチャンの日本人にも役立つ「救いの構造」をわかりやすく解説する。

初版発行:2017年4月25日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


 はじめに

第1章 キリスト教は役に立つか

 1 キリスト教も現世利益を祈る
 2 「祈り」とは「対話」である
 3 神と人間はどのように語るのか
 4 「神との対話」は自問自答ではない
 5 神は、いつもそこにいる
 6 神と交渉できるのか
 7 神にはユーモアも通じる
 8 神には文句も言える
 9 神が人間に質問する
 10 神は全能者・全権者である
 11 神とは誰のことか――三位一体を考える
 12 願い事は叶うのか
 13 願い事の叶い方にはいろいろある
 14 祈りの時間感覚
 15 祈りを向上させるのは、祈ることそのもの
 16 奇跡がなければキリスト教じゃない
 17 キリスト教は肯定する
 18 なぜ世界には悪や不幸が溢れているのか
 19 神と折り合いがつかない
 20 神との対話が始まらない場合
 21 なぜ願いが叶わなくても信じる人がいるのか
 22 キリスト教信仰のパラドックス
 23 神と和解するということ

第2章 キリスト者はイエスの存在をどのように感じるのか

 24 イエスが部外者であったとき
 25 イエスが自分の世界に入ってきたとき
 26 イエスが旅の伴侶になるとき
 27 イエスが「自分の世界」の中心になるとき
 28 遠藤周作『侍』を読む(1)――イエスが部外者であったとき
 29 遠藤周作『侍』を読む(2)――イエスが視界に入ってくるとき
 30 遠藤周作『侍』を読む(3)――イエスが旅の伴侶になるとき
 31 遠藤周作『侍』を読む(4)――イエスが世界の中心になるとき
 32 強烈な回心体験はなくてもいい
 33 イエスと話をすると自分が変貌する
 34 イエスと「まれびと」
 35 定期的な祈り
 36 経験と言葉

第3章 「共に生きる」とはどういうことか――キリスト教の幸福論

 37 他人への怖れ
 38 世界への怖れ
 39 自分への怖れ
 40 「不安に満ちた世界観」にどう対抗するか
 41 なぜ「独りでいるのは良くない」のか――「自己幻想」と「共同幻想」
 42 なぜ「共に生きる」のか――「対幻想」を重視する
 43 「共に生きる」とは「助け合う」ことではない
 44 キリスト教はなぜ結婚を重視するのか
 45 知る喜び、知られる喜び
 46 技芸職能と「共に生きる」
 47 「人を動かす」のはやめる
 48 「受ける」ことの意義
 49 死との向き合い方
 50 旅の到着地

 おわりに

著者紹介


著者:
来住英俊(きし ひでとし)
1951年、滋賀県生まれ、神戸育ち。灘高校から東京大学法学部に進み、日立製作所を経て、1981年にカトリックの洗礼を受ける。御受難修道会に入会し、1989年に司祭叙階。「祈りの学校」主宰。著書に、「目からウロコ」シリーズ(現在10冊、女子パウロ会)、『気合の入ったキリスト教入門』(全3巻、ドン・ボスコ社)、『『ふしぎなキリスト教』と対話する』(春秋社)、『禅と福音』(南直哉との共著、春秋社)など。
Top