〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

「南無アッバ」への道 井上洋治神父の言葉に出会う

井上神学案内書、第3弾。……わたしたち一人ひとりが、具体的に日本人の心の琴線に触れるイエス様を求めていきなさい、ということです。
型番 978-4-88216-364-0
販売価格 880円(税込)
購入数


  • 平田栄一

  • 344ページ /A6判 並製

  • 聖母の騎士社 発行

  • ISBN978-4-88216-364-0 /Cコード:C0195


……わたしたち一人ひとりが、具体的に
日本人の心の琴線に触れるイエス様を
求めていきなさい、ということです。

それは何も、世間に目立つ大きなことをする、というのではなく、
毎日事あるごとに「南無アッバ、南無アッバ」と、
神父様のあの最後の実践にならって、唱えることかもしれません。

各自ができることを実践する。
神父様は、天国でそう望んでおられると思います。
──「あとがきにかえて」より

初版発行:2016年2月25日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


はじめに

序章 〈「ファリサイ派の人と徴税人」のたとえ〉に学ぶ

第一章 『日本とイエスの顔』における〈たとえ〉(一)
 一 頭を下げる
 二 「人の心」に巣くうもの
 三 罪の無意識性と他者性

第二章 『日本とイエスの顔』における〈たとえ〉(二)
 一 悲愛は可能か?
 二 井上神父の回心体験
 三 回心への原体験
 四 為す愛、為さざる愛
 五 黄金律と銀の教え
 六 「悲愛」から「南無アッバ」へ

第三章 『私の中のキリスト』における〈たとえ〉
 一 〈たとえ〉に触発された動機
 二 ガリラヤ体験
 三 「青春の迷い」への共感
 四 タルムードの祈り
 五 〈たとえ〉の立ち位置
 六 軽み・和らぎの福音

第四章 『イエスのまなざし』における〈たとえ〉(一)
 一 大地のように私たちを包むもの
 二 日本人の神様
 三 大地いじょうのかた
 四 罪の自覚と十字架
 五 「頭を下げ」「共に」生きる

第五章 『イエスのまなざし』における〈たとえ〉(二)
 一 「行」と井上神父
 二 「1 宗教における行の必要性」
 三 「2 イエスの教えにおける行」
 四 「イエスへの凝視と祈りの姿勢」
 五 二つの注意と〈たとえ〉
 六 悲愛へ導く「行」―「徴税人の祈り」

第六章 『愛をみつける』における〈たとえ〉
 一 思い出すこと
 二 他者の悲しみに心を痛める
 三 哀しみをうつしとる心
 四 イエスが先に受け入れてくださる
 五 受け入れるとき傷つく

第七章 『新約聖書のイエス像』における〈たとえ〉
 一 「〜について知る」から「〜を知る」へ
 二 〈たとえ〉を総括する

第八章 『人はなぜ生きるか』における〈たとえ〉(一)
 一 勘違い!?
 二 Tさんへの手紙
 三 日本人に受け入れがたいこと
 四 善悪二分法へのつまずき
 五 「アッバのあたたかさ」をこそ
 六 悩みの歳月
 七 愛、奉仕、平和
 八 気負いと無心
 九 「旧約」―「新約」間の断絶性
一〇 テレジアからテレジアへ
一一 編集史研究による確信
一二 「旧約」「新約」の軽重
一三 サンドメルとの出会い
一四 「確信」までの時間
一五 パイロットの不安
一六 パウロ主義の影響
一七 実践的キリスト教
一八 信即行
一九 三つの「行為」
二〇 二つの「愛」
二一 ユダヤ人にはユダヤ人のように
二二 〈善いサマリア人〉による焦り
二三 愛は自我行為ではない
    ○自我を「ひかえる」自己相対化
    ○自覚行為としての祈りの必要
    ○無心から自ずと溢れ出る悲愛
    ○第一に為すべきことは
二四 「信即行」としての祈りの模範

第九章 『人はなぜ生きるか』における〈たとえ〉(二)
 一 〈たとえ〉への思い入れ
 二 「ファリアサイ派」の姿勢
 三 エゴイズムを溶かす“イエスのまなざし”

第一〇章 『キリストを運んだ男』における〈たとえ〉
 一 サンドメルによる開眼
 二 パウロの二つの顔
 三 パウロの回心
 四 二種類の「罪」と「愛」
 五 〈善いサマリア人〉に続く〈マルタとマリア〉
 六 ヨブの回心
 七 〈金持ちの男〉
 八 福音記者の編集意図
 九 「幼子の心」と自己相対化
一〇 「信仰義認論」とアッバ神学
一一 「人を裁く」ことの問題点
一二 根底に神の「しかり」と「無条件のゆるし」
一三 「回心」を振り返る
一四 三者の祈り
一五 結実する「徴税人」の祈り

あとがきにかえて──追悼辞「神父の遺言」より


著者紹介


平田栄一(ひらた えいいち)
1955年埼玉県生まれ。慶應義塾大学商学部卒。
埼玉県立羽生高等学校地歴公民科教諭。
現代俳句協会員。カトリック俳人。
求道詩歌「余白の風」主宰。
井上洋治神父の「風の家」運動を引き継ぎ、毎月「南無アッバ」の集いと講座を続けている。
1990年層雲新人賞ほか。

→井上洋治神父の「風の家運動」を引き継ぐ平田栄一のブログ:「南無アッバ」を生きる

カレンダー

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top