〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

教会への私の希望 21世紀のための批判的励まし

ゆるしの秘跡、司祭への司牧ケア、エキュメルカルな教派をこえた対話の必要性などを訴える。
型番 978-4-8056-2091-5
販売価格 1,540円(税込)
購入数


  • ベルンハルト・ヘーリンク 著 /真生会館 学び合いの会 監訳

  • 248ページ /B6判 並製(ソフトカバー)

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-2091-5 /Cコード:C0316


本書を読む人は、だれもが教会を批判する部分でさえ、
ヘーリンクの教会に対する大きな愛を感じずにはいられないでしょう。
倫理神学のエキスパートである著者が
ゆるしの秘跡、司祭への司牧ケア、
エキュメルカルな教派をこえた対話の必要性などを訴える。

初版発行:2009年3月20日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


英語版へのまえがき
著者による序

第I部  危機はどこに?倫理神学の新しい方向と古い秩序の復活
 第1章  倫理神学者への召命
 第2章  偉大な方向転換と新しい方向への推進力
 第3章  新たな聴衆に向けて
 第4章  法と戒律から
 第5章  協働性と補完性
 第6章  従順の倫理から責任の倫理へ
 第7章  倫理神学の方向転換とゆるしの秘跡の危機
 第8章  エキュメルカルなキリスト教倫理
 第9章  途切れることのないインカルチュレーション
 第10章 今日、白熱している課題
 第11章 倫理的個人主義から、救いにおける連帯への方向転換
 第12章 協議に基づく倫理規定の完全なリストは必要か?
 第13章 危機の時代のキリスト教倫理

第II部  方向転換の黎明
 第14章 世論の力
 第15章 教会の構造と形成原理
 第16章 教会の将来と女性に関する諸問題
 第17章 独身制と司祭不足
 第18章 離婚をめぐる司牧の変化

訳注
原注

あとがき

カレンダー

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top