〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

梯子を降りる──悲嘆からコミュニティへ

1988年にハーバード大学でジャン・ヴァニエがおこなった二つの講演をまとめた講演集。
型番 803
販売価格 1,100円(税込)
購入数


  • ジャン・ヴァニエ 著 /宮永久人 訳

  • 96ページ /B6判 並製(ソフトカバー)

  • 女子パウロ会 発行

  • ISBN978-4-7896-0803-9 /Cコード:C0016


1988年にハーバード大学でジャン・ヴァニエがおこなった二つの講演をまとめた講演集。
ラルシュ・コミュニティの創立者であるジャン・ヴァニエが、
障害をもつ「なかま」たちから学んだ教訓を語る。

かつてジャン・ヴァニエは、ひたすら頂点を目指して競争社会の梯子を登り続けていた。
しかし、ある機会から障害をもつなかまたちと共に暮らすことになる。
その日々の中で、キリストは、最も低く弱い立場から、
その救いの手を差し伸べてくださることに気がついた。
それは、障害をもつ人びとを通してすべての人に告げられた福音であった。

人間の弱さは、神から与えられている。
その弱さを、痛みとともに受け入れなければならない。
自他の弱さに向き合うとき、イエスと結ばれている希望にも出会う。

痛みも喜びも伴う愛を生きる、
真のコミュニティに属する人びとは
「復活のしるし」として、「死からいのちに変容していく仲介者」となる。

女子パウロ会公式サイト Laudate "シスターのお薦め"
新刊のご案内『梯子を降りる ― 悲嘆からコミュニティへ ―』はこちらより⇒★★★

初版発行:2019年6月9日


もくじ


まえがき  ヘンリ・J・M・ナウウェン
序文  ロナルド・F・シーマン

機ト爐蕕僚によってわたしたちは癒される
 痛みの場にいる人びと
 なかまたちとの出会い
 なかまたちの叫び
 交わりによる変容
 なかまたちに教えられ、癒される
 小さな人びととともにおられる神
 神はなかまたちを選ばれた
 よきおとずれの逆説

供ゥ灰潺絅縫謄──絆、気づかい、使命の場
 愛に目覚めさせる力
 コミュニティへの招き
 コミュニティにおける葛藤
 連帯し、ともに生きるために
 尊厳と気づかい
 敵を愛すること
 たがいにゆるすこと
 神の語りかけを聞く
 差異を敬い、愛すること
 祝祭──キリストのうちにひとつになる
 コミュニティは貧しさ、弱さのうちに神に呼ばれている


訳者あとがき

著者紹介


著者:ジャン・ヴァニエ(Jean Vanier)
1928年、カナダ総督ジョルジュ・ヴァニエの第四子として生まれる。
1942年、英国王立海軍兵学校に入学。1950年、海軍を去る。
その後哲学で博士号を取得し、トロント大学で教鞭をとる。
1963年、北フランスのトロリーで知的障害をもつ人たちと出会い、
1964年、知的障害をもつフィリップとラファエルと共同生活をはじめる。
これがラルシュ・コミュニティの母体となる。
その後、世界各地に広がり、現在では日本を含め、150か所を越える。
1971年、マリー=エレーヌ・マテューとともに“信仰と光”を創設。
知的障害をもつ人びとの国際的なネットワークとなっている。
1997年、パウロ六世賞 2015年、テンプルトン賞を受賞。

訳者:宮永久人(みやなが ひさと)
1960年 大阪で出生、仁川教会で受洗。
1983年 同志社大学文学部文化学科心理学専攻卒業。
カトリック枚方教会所属。
現在、大阪教区障がい者委員会委員。

カレンダー

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top