〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

長崎のコルベ神父

コルベ神父の47年の生涯で、長崎で過ごした6年間ほど、人間的に見て苦悩の時代はなかったろう。肺結核の病、貧困、周囲の無理解。その苦難の長崎時代を抜きにしては聖者コルベは語れない。
型番 978-4-88216-321-3
販売価格 880円(税込)
購入数


  • 小崎登明

  • 267ページ /文庫サイズ

  • 聖母の騎士社 発行

  • ISBN978-4-88216-321-3 /Cコード:C0195


コルベ神父の長崎滞在時代を
数々のエピソードで綴る聖母の騎士物語。
・・・・・・
コルベ神父の47年の生涯で、
長崎で過ごした6年間ほど、
人間的に見て苦悩の時代はなかったろう。
肺結核の病、貧困、周囲の無理解。
その苦難の長崎時代を抜きにしては聖者コルベは語れない。

「ながさきのコルベ神父」復刻版。

初版発行:2010年12月25日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


まえがき

長崎上陸の日
大浦の街かどで
京都のお客と修道士
神学生の旅立ち
清貧との出会い
日日これマリア
初めての冬の出来事
無原罪の園を開く
聖母のキャラメル
50年目の雪の庭
日頃の小さな事件
揃いのヒゲの行者たち
ヤギの肉は固かった
眠れるインド地図
沼に沈む夢
山に光る灯台
スープに聖徳の香り
燃える板壁の冬
足並みの乱れ
ローマ・石ただみの道
軍靴の響きが聞こえる
母国へ帰った夏
母への手紙
騎士誌に賭ける
胸の痛みに耐えて
潮風の少年たち
さらばニッポン
天国への確約

あと書きにかえて


著者紹介


小崎登明(おざき とうめい)
本名、田川幸一。カトリック修道士。
昭和3年(1928年)3月、北朝鮮に生まれる。
本籍は長崎県外海町黒崎。
昭和16年、帰国する。
昭和20年(1945年)8月、長崎・浦上で原子爆弾にあい、
2ヶ月後、長崎聖母の騎士修道院(コンベンツアル聖フランシスコ修道会)へ入る。
長年、月刊「聖母の騎士」の編集にたずさわる。
聖母の騎士小学校・椿原中学校校長を経て、長崎・聖コルベ記念館に勤める。

カレンダー

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top