〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

キリスト教史

神学・思想面の要点を押さえ、偏り無く書かれたキリスト教の通史。ボストン大学教授である著者が、学生のために、歴史上の人物たちの生き生きとしたエピソードを交えて描く、ユニークかつ充実の1冊。
型番 978-4-7642-1851-2
販売価格 2,200円(税込)
購入数


  • C.リンドバーグ 著 /木寺廉太 訳

  • 336ページ /四六判 並製(ソフトカバー)

  • 教文館 発行

  • ISBN978-4-7642-1851-2 /Cコード:C0016


2000年をポケットに!

神学・思想面の要点を押さえ、
偏り無く書かれたキリスト教の通史。

ボストン大学教授である著者が、学生のために、
歴史上の人物たちの生き生きとしたエピソードを交えて描く、
ユニークかつ充実の1冊。

講義・授業の情報ソースに最適です!

初版発行:2007年8月10日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


序文

第1章  記憶すべき責任──キリスト教史学方法論序説
第2章  祈りの法は信仰の法
第3章  兄弟喧嘩──異端信仰、正統信仰、公会議
第4章  天上の国──アウグスティヌスによる聖書の宗教とヘレニズムの総合
第5章  中世キリスト教の展開
第6章  知解を求める信仰──アンセルムス、アベラルドゥス、初期スコラ学
第7章  中世教会
第8章  十六世紀の宗教改革
第9章  敬虔主義と啓蒙主義
第10章 挑戦と応答──十九世紀の教会
第11章 第一次世界大戦以降のキリスト教会

補遺──キリスト教の歴史記述

用語解説
訳者注
訳者あとがき
読書の手引
索引


訳者紹介


木寺廉太(きでら れんた)
1941年生まれ。
東京大学大学院人文科学研究科宗教学宗教史学専攻博士課程進学、
ストラスブール大学より宗教学博士号取得。
茨城キリスト教大学文学部教授を経て、
立教大学文学部キリスト教学科教授となる(1989-2006年)。

著書:
『古代キリスト教と平和主義─教父たちの戦争・軍隊・平和観』(立教大学出版会、2004年)

翻訳書:『キリスト教教父著作集』第16巻「テルトゥリアヌス4倫理論文集」(教文館、2002年)、『キリスト教シンボル・デザイン事典』(W.E.ポウスト、教文館、2007年)

カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top