〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

石蕗の詩(つわぶきのうた)

崎霍美の日々の記憶。
──何の変哲もないただの草であるが、私は石蕗に心ひかれる。
型番 978-4-88216-342-8
販売価格 550円(税込)
購入数


  • 崎霍美 著

  • 253ページ /A6判 並製(ソフトカバー)

  • 聖母の騎士社 発行

  • ISBN978-4-88216-342-8 /Cコード:C0195


陽ざしをさえぎる木立の下でも、
岩だらけのやせた土にも、
石蕗は、しっかりと根付き、じっと耐えて生きている。

まるで、五島のキリシタンたちが長く辿ってきた殉難の姿を、
そこに映し出しているように。

何の変哲もないただの草であるが、私は石蕗に心ひかれる。

──崎霍美の日々の記憶。

初版発行:2012年11月1日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


半泊
めざめ
追放
父・要次郎
母・サモ
昴(スバル)
遍路じいさん
分校生
本校生
キビナゴ漁
クロ魚網
イカ釣り
スルメ
我が家

石蕗(つわぶき)の詩
他…


著者紹介


崎霍美(さきはま ひろみ)
1940年長崎県五島生まれ。
1959年聖母の騎士高等学校卒業。
1963年聖ボナベンツラ神学院哲学科終了。
1967年司祭叙階。
1968年上智大学神学部卒業。
1968〜1991年3月まで、西宮市・仁川学院勤務。
1991年4月長崎へ転任。
現在 コンベンツアル聖フランシスコ修道会けがれなき聖母日本管区管区長

カレンダー

2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top