〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

がらしゃの里

──その命への道を想う時、丹後の地、この幽閉の味土野(みとの)を「ガラシャの里」として思うのです。
型番 978-4-88216-360-2
販売価格 550円(税込)
購入数


  • 駿河勝己 著

  • 223ページ /A6判 並製(ソフトカバー)

  • 聖母の騎士社 発行

  • ISBN978-4-88216-360-2 /Cコード:C0116


私が日々の信仰を大切にし、
御旨のうちに生きる御恵みを祈りながら、
ガラシャの歩まれた永遠の生命への道、
その道を訪ねながら私に語りかけてくださる言葉に心を傾け、
心を開き、綴っていけることを願っています。

その命への道を想う時、丹後の地、
この幽閉の味土野(みとの)を「ガラシャの里」として思うのです。
──「まえがき」より

初版発行:2015年5月25日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


まえがき
味土野の四季

 プロローグ 小さき草花
 第一章 秋の聖マリア大聖堂
 第二章 冬の味土野
 第三章 春の宮津城・坂本城
 第四章 夏の越中井
 エピローグ 散華

あとがき
参考文献


著者紹介


駿河勝己
(するが かつみ)
立命館大学 産業社会学部卒。
上智大学キリシタン文化研究会会員。
大阪教区高山右近列福運動推進委員会地区委員。
明智光秀公顕彰会会員。財団法人永青文庫友の会会員。
合気道和歌山竹豊館会員。
現住所:和歌山市和歌浦南

カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top