〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

イエスの福音への招き

著者が司教として行っている折々の説教や講話をもとに、神の存在を信じることの難しさ、「この世に悪が存在している」という問題を克服するヒント、イエスの復活、平和の本質と実現のための手がかりなどについて述べる。
型番 978-4-434-25722-3
販売価格 1,320円(税込)
購入数


  • 岡田武夫

  • 195ページ /四六判 並製(ソフトカバー)

  • フリープレス 星雲社 発行

  • ISBN978-4-434-25722-3 /Cコード:C0016


荒れ野のような現代社会で、どうして人は神を信じることができるのか?
できるならば、それはなぜ?
できないなら、それはなぜ?
わたくし自身はなぜ信じたのか?──

初心に戻り、あらためて一信者として
この課題に取り組んでみました。
ナザレのイエスに関心をお持ちのあなた、
今はまだ神を信じていないあなた、
自分の信仰の振り返りをしたいあなたに、
わたくしの想いを献げます。
──著者

【本書から】
○聖書が語る「神」とはどのような存在なのか?
○ダビデが信じた神
○怒りと憐みの間で揺れるような神の息吹き
○難問!神の作った世界になぜ悪があるのか?
○イエスはどう生きた人なのか
○「イエスの復活」の信仰が「教会」の起源
○日本のカトリック教会の「平和のための決意」

初版発行:2019年1月31日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


 はじめに

第一章 現代人は神を信じ得るか
 第1節 「神」とはこんな方
 イエスが教えた神と、人間が考え出した“神”

 第2節 「神」という言葉が誤解のもと
 同じ漢字表記で生じた“紛れ”

 第3節 ダビデという人の場合──神の前に罪を認め、赦しを祈り求めた男
 「悪」の概念、日本人とダビデの違い

 第4節 「イスラエルの民の神」から人類の神へ──バビロン捕囚の体験と信仰
 詩編が示す「祈りの核心」

第二章 悪と罪
 第1節 なぜ神が造られた世界に「悪」があるのか
 現代人が神を信じる上での障害

 第2節 神の怒りと神の慈しみ
 「わたしは『ある』というものだ」

 第3節 悲惨な体験が想起させる「神の存在への疑問」
 与えられた「自由」での選択や決断が『第二原因』となる

 第4節 悪についてのイエスの教え──毒麦のたとえ
 良い麦と毒麦の混在はこの世の表徴
 霊の導きと肉の業

 第5節 宗教改革者ルターの体験
 ルターを悩ませた「自分の罪」

第三章 「復活」という信仰──キリスト教成立の根拠
 第1節 ヨハネの福音で知る弟子たちの復活体験
 イエスを信じることは難しいか

 第2節 弟子たちの復活体験
 エマオへ急ぐ弟子への出現
 ミサの構成に似ている「エマオの2弟子」のエピソード
 戦後の節目に司教団が強調した「非暴力の精神」

 第3節 ペトロに現れた復活のイエス
 「わたしを愛しているか」
 「アガパス」と「フィロー」の掛け合い

 第4節 イエスの復活を証すべき教会の反省と決意
 わたしたち自身に向けられた指摘

第四章 折々に福音を読む
  \司譴離┘螢競戰繁問
 ◆.ぅ┘垢涼太犬肇茱札
  神の母聖マリア
 ぁ々咾賁遒納けた誘惑
 ァ\士遒梁イ靴鳳える
 Αー腓竜Г
 А―住架担う生き方
 ─”磴搬子
  神の愛への共感
  わたしのもとに来なさい
  謙虚
  洗礼の喜び

第五章 平和
 第1節 いのちを大切に──日本の司教団の「いのちへのまなざし」
 パウロの忠告に耳を貸す度量を持ちたい
 「平和」と対極にあるヘイトスピーチ

 第2節 平和を願う──被爆地・広島のミサで訴えたこと
 今も胸中でこだまする福音
 聖霊の賜物としての平和

第六章 神の愛とわたしたちの務め
 「慈しみの特別聖年」の後をどう生きるか

 結びのことば
 本書収載各稿の初出


著者紹介


岡田武夫(おかだ たけお)
1973年 カトリック司祭叙階
1991年 カトリック浦和教区(現・さいたま教区)司教叙階
2000年 カトリック東京大司教就任(2017年まで在任)
2013年 さいたま教区管理者・兼務(2018年まで在任)
現 在 カトリック本郷小教区管理者(2019年4月より)
東京都文京区本駒込5-4-3 カトリック本郷教会

カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top